コイケルホンディエ・「フィオナ」と「いと」との日常を綴った日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年も夏休みは、らむ母さんを訪ねて北海道に行ってきました。

今年は例の職場トラブルで、仕事の調整がハードでした。
泣きそうな中、この逃亡だけが希望の光でした・・・というか逃亡するために頑張って働いた。
あれ、なんだかニュアンスが違ってきたぞ・・・


そんなわけで、夜遅くについて翌朝から北の大地のさらに北へ!
我ら北上するのみ!
行け、オロロンラインを(←参考画像なし)!


途中で立ち寄ったのは、みさき台公園というところ。(いや、いっぱい立ち寄ったが写真があるのはこれだけ)
13sept15_006.jpg
青い海!青い空!白い雲! (←仕事疲れで表現力に支障が出ているものです)


ちなみにオロロンラインはこの海岸沿いにずうーーーーと続く、バイクで走ったらさぞかし
気持ちいいだろうという道です
13sept15_007.jpg


今回の旅の道連れ、らむちです。らむ家で唯一、たまに(3日に1回くらい)私にも笑いかけてくれる子です
13sept15_012.jpg


来たぜ、北海道!とやる気十分のフィー子さん
13sept15_019.jpg


ランチはどこかの道の駅で、タコ&いくら丼です。
美味しいけど、私、気づいてしまった。
薄くスライスしたタコ、あまり好きじゃないかも・・・?
13sept15_021.jpg


稚内について、フェリー乗って、向かうは利尻島!
そう、今年は利尻島に2泊3日行ってきたのです。
13sept15_314.jpg
ちなみに行きは寝こけていて写真を撮っていないので、これは帰りの写真です


利尻島と礼文島。ペット連れだとついつい難しいかも、と躊躇するところです。
私も今回行くまでは、たぶん難しいだろうと端からあきらめていた場所でした。

今回はらむ母さんが、事前に観光協会に聞いてきっちりリサーチしてくださいました。
結果、礼文島はほとんどの観光スポットは犬不可。
逆に利尻島はほとんどの観光スポットは犬もOK。
というか、利尻島は島民も言っていましたが、いい意味でかなーり適当な感じ ^^;

「甘露泉水はだめだけど、その他のところでダメって話聞かないから、いいんじゃないですかね」
くらいの話だったそうで・・・
利尻富士登山も、表参道からの犬連れは不可、なのですが、裏参道からの急な登りはOKだとか。
ということはそれって、表参道禁止は動植物保護のためではないということでは・・・?
(ちなみに8時間コースの利尻富士、登りませんって・・・)

あとご参考までにフェリー情報。
30分前くらいまでに行くのでOK。1時間40分の乗船で、ペットは「クレートごと持ってきて、クレートを
廊下に置いておいて構わない」、と言われましたが、面倒だったので(笑)、車にそのまま
乗せておきました。
(うん○を漏らすことはありませんでしたが、うちは飛行機でももらさなかったので、ポワロ家の参考には
ならないかもしれません、ごめーん 


泊まったのは、北国グランドホテルの花コテージというところ。


ビジネスホテルみたいな本館から少し離れたところに作った、コテージ(二部屋で一軒のテラスハウスコテージ)
数軒からなるエリアでした
13sept15_028.jpg
ここの庭がすごかった!!!


広ーいお庭、ふっかふかの芝生。
13sept15_031.jpg


ここ、ドッグランではないのですが、「放していいですよ~」とテキトーな感じで言っていただいたので、
遠慮なく走らせていただきました。(犬が)
13sept15_029.jpg


走る、走る!
rishiri1_7sept15comb1.jpg


そして擦り付ける!
rishiri1_7sept15comb2.jpg


フィー子は興奮して、よく分からないテンションになっていました
13sept15_051.jpg


記念に、と宿の方がごっついカメラで撮ってくれました。
22sept15_001.jpg
絶対にオヤツがもらえるはず、と張り切った三匹。もらえないとわかると、なーんだとらむちとフィーは散ったのですが・・・


純真ないとは、しつこく待っていたのでありました
13sept15_041.jpg


お庭から利尻富士も見えました
13sept15_048.jpg


お部屋はごくごくフツーのコテージでしたが、窓から見える風景が、英国のワイルドフラワーガーデンのようで
とっても素敵でした
13sept15_158.jpg

なお、こちらのホテル、犬が泊まれる部屋は一室のみ。
かつ、犬は10キロ以下で、一室2頭まで、という頭数制限があります。
今回はらむ母さんが予約するときに3頭交渉をしたら、あっさり了解いただけたとか。
オフシーズンだった、ということもあるとは思いますが(二日目の宿泊客は我々だけだった)
聞いてみれば、いろいろと「いいですよ~」と言ってくれそうです。 ^^


そしてもう一つの驚き、それは食事です。
13sept15_024.jpg
超豪華・・・
特にうにとキノコ?の土瓶蒸しと、ウニご飯が絶品・・・!
でもなにより驚いたのが、量。


このあとに「こんぶらん」という、モンブランをもじったケーキ(もちろん昆布入り)までデザートで出てきました。
13sept15_025.jpg

翌日聞いたところによると、利尻島では「残すくらい出す」というのがおもてなしだそうで、逆にすべて
平らげると「足りなかった」という意思表示になるのだとか。
頑張って食べちゃったよ・・・


二日目に続く。
スポンサーサイト
2015.09.22 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。