コイケルホンディエ・「フィオナ」と「いと」との日常を綴った日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
甥っ子姪っ子訪問の続きです。
上京してきた姉家族と、Akibaふくろうカフェなるところへ行ってきました。


カフェといっても飲み食いするところではなく、「フクロウとふれあい、癒されましょう」という
コンセプトのところです。小さなお店にはふくろうが15羽以上いました。
4apr15_002.jpg


小さいのから大きいのまでいろいろです
11apr15comb1.jpg
これだけのふくろうを見るのはもちろん初めて。
とにかく美しい生き物ですね。ずーっと見ていられる。
そして猛禽類なのに、癒される。
鳥の中では、一番哺乳類っぽい気がします。


ちなみに名前がネギとかもやしとか、ヤキイモとかオクラとか、かなーり適当さを感じます
そんな中、このコの名はチャールズ・エグゼビア(別名プロフェッサーX)でした
4apr15_062.jpg
まあ、これも適当といえば適当・・・


自慢げな甥っ子と。
4apr15_027.jpg
いつもの癖で、ピントをふくろうに合わせていたら、怒られました 笑


結構大き目のミミズクと姪っ子。
4apr15_061.jpg


リラックスするミミズク・・・こうなるとミミズクというよりカモ。
4apr15_074.jpg


私が手に乗せてもらったのは、オオスズメフクロウという種類の、とっても小さいふくろう
4apr15_080.jpg
手のひらより小さいサイズなんです。か、かわいい・・・・


最後にみんなで記念撮影
IMG_4860.jpg
これを見た友人に、「フクロウ、イギリスから連れてきたの・・・?」と聞かれました。
そうそう、私の分も入れて5羽ほどね。
ってそんなわけあるか。

スポンサーサイト
2015.05.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。