コイケルホンディエ・「フィオナ」と「いと」との日常を綴った日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
那須高原三日目。


最終日のこの日は、ベルフルールというおいしーいパン屋さんで朝ごはんです。
DSC_0335.jpg
どのパンもめちゃくちゃおいしくて、絶対多すぎると思った量を買ったのに
ぺろりと完食です


いちじくパン。いちじくが丸ごと入っていました。
DSC_0331.jpg


まずはチロのお家のオーナーさんお勧めスポット②の、那須野が原公園に行きました。
DSC_0339.jpg
めっちゃ広いです


でもこの日は晴天、暑かった・・・
DSC_0345.jpg
フィーとジェイミーも大人し目


お水もがぶがぶ飲みます
DSC_0346.jpg


木陰に入って一休み。風が吹くと気持ちいいんだけどね~
DSC_0351.jpg
この後はひたすら木陰を求めて移動・・・


帰りにガーデンアウトレットによって、人間の買い物して(散歩用のクロックス
買っちゃった)、那須を後に。帰りは西に、いろは坂経由日光に立ち寄って
帰路につきます。


ランチは中禅寺湖を望むおしゃれなレストランで。
DSC_0354.jpg


そして・・・この後大事にはならなかったけど、ショックな事故が起きて
しまいました。

食事を終えて、車に戻り、ジェイミーを車に乗せ、続けてフィーもいれて
バタンとドアを閉めた途端、フィーのぎゃーーーという悲鳴が・・・
どこかに体の一部を挟んだ?
あわててドアを開けると、パニック状態になったフィーが、開いていた反対側の
ドアから飛び出してしまい、そのまま交通量の多い通りに出て、道路を横切って
しまいました。交通量は多かったのですが、幸いなことにスピードが緩かったので、
ドライバーのみなさんがフィーを見て車を止めてくれて、私もそのまま左右の車を
制止してフィーを追いかけました。

フィーは道の向こう側で固まっていましたが、完全にパニック状態で、呼んでも
来ず、目も合わせようとしません。
とりあえずリードをつかみ、そのまま手繰り寄せて、しっかり抱きしめて、
「大丈夫、大丈夫、ごめんね、ごめんね」と繰り返し、落ち着かせました。
というより自分を落ち着かせていたのかも。
体を確認しましたが、どこも折れている様子がなく、押しても痛がらなかったので、
多分ドアが閉まったときに、尻尾をシートとドアの間とかに挟んだんだと思います。

しばらく抱きしめたまま落ち着くのを待って、そのまま抱きかかえて車に乗りました。
車に乗って走り出した途端に、どこも折らなくてよかった、車にはねられなくて
よかった、と安堵したのと後悔とで、どーーっと涙が出てきてしまいました。。。
本当に何もなくてよかった。
完全に私の不注意です。フィーちゃん、ごめんね。
もう二度とキミのあんな悲鳴はききたくないです。


当然ながら車内はどよーーーんとした空気に。
ジェイミーパパママ、ごめんね~


これはフィーも人間たちも気分を変えなければ、ととりあえずどこかに行くことに。
通りすがりに目に入った、龍頭の滝、という案内が目に入り、立ち寄ってみます。


結構見事な滝です。
DSC_0355.jpg


あまり興味はなさそうだけど、気分転換にはなったみたい。

DSC_0358.jpg
というか人間達よりよっぽど回復が早く、この後車にも進んで乗り、特に
疑問は持たないようでした。立ち直りが早いコでよかった。。。


でもやっぱり最後に走らせねば・・・
追いかけっこしているときが一番楽しそうだもの。
適当に道の駅みたいなところに立ち寄り、芝生広場を探します。

あったあった、結構広い!
DSC_0364.jpg
ワンズは早速追いかけっこです


この辺はとっても涼しくて、肌寒いくらい。午前中とは違い、ワンズは
イキイキと走り回ります。
DSC_0366.jpg


ボール遊びも元気よく
DSC_0371.jpg


でもボールを取り合っているうちに、いつのまにかボールを忘れてプロレスごっこ
DSC_0372.jpg
楽しんでいるワンズを見て、こちらもとっても楽しくなってきました♪


家までジェイミーパパに送ってもらい、長い一日が終わりました。
ハプニングもあったけど、とってもとっても楽しい旅行でした。
ジェイミーパパママ、いつもありがとう

DSC_0186.jpg
フィーも大満足だよ♪


次はどこ行くー?


スポンサーサイト
2010.07.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://fionakooiker.blog69.fc2.com/tb.php/104-8097c8e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。